キャンドルリレー

こんばんは!earth candleです。

前回は「結婚式でキャンドルを使う理由」について書きましたので、
今日はとても幻想的な演出であるキャンドルリレーについて紹介したいと思います。

結婚式で行うキャンドルリレーの意味

会場の照明を落とした中、一つ一つキャンドルに灯りが点火され徐々に光が広がっていく感動的な演出であるキャンドルリレー。
そのキャンドルリレーは「二人の別々だった道が一つになる」ということを意味しているそう。

新郎新婦を現すのが2人が持つ二つのキャンドル・・・

ゲスト用のキャンドルはこれまでの歴史、2人のそれぞれの生きてきた過去・・・

キャンドルが繋ぐ灯りの道。それが、別々に歩んできた2人の道を・・・

つまり、新郎新婦がそれぞれの道を歩み、その歴史を紡いで2人が歩んできた道が一つになりこれからは2人で歩んでいくということですね。

また、欧米ではこういう言い伝えがあるそうです。
「キャンドルの数だけ天使が舞い降りる」
その”天使”であるキャンドルの火をフッと優しく吹き消すことで、「願い事を叶え、その願いを封じ込める」という意味があるそうです。

そして西欧では、「キャンドルの灯りには天使が宿る」と考えられているそうで、
その灯りに願い事を念じて消せば、天使が願いを叶えてくれると信じられているそうです。

国や文化により、それぞれの意味や考え方があるようですが、共通して言えることは、キャンドルとは「幸せを叶えたり、もたらしてくれるもの」ではないでしょうか。

そんな神秘的なキャンドルにいつも触れている私は幸せ者ですね。